↑ Return to JWCとは・・・

ケーブルシステム

◀ABOUTへ戻る

●水面から約10メートル高にワイヤーが周回できるように支持されています。
●ワイヤーはモーター動力で時速29km/hほどで周回しています。
※水上スキーなどでは時速80km/h以上で周回させることも可能です。
●ワイヤーはマストと呼ばれる支柱で上空に支持されています。
●マストは5本を設置しています。
●プレーヤーはワイヤーから下がったロープのハンドルをつかんでプレイします。
●常に周回している空中のワイヤーには80メートル間隔でロープを引っかけるフックがついています。
●プレーヤーはロープがワイヤーにフックされるまでスタート桟橋で待機します。
●ロープがワイヤーにフックされると、ワイヤーの周回と同調してプレーヤーは水面に引かれていきます。約10秒おきにスタートします。
●振り子の要領でスラロームを楽しんだり、コーナーの遠心力を利用してジャンプしたりするプレーが一般的な楽しみ方です。
上級者用にジブ(障害物)を設置しています。
●プレーの途中で落水したら速やかにコース外へ移動します。
●最寄りの岸から陸に上がるか、ピックアップボートを利用してリスタートします。
●システムのメーカーはドイツのリークセン社といいます。
40年の歴史があり、世界の90%のシェアを誇り5大陸34カ国で132箇所が稼働中です。

◀ABOUTへ戻る